読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

boombeach攻略blog〜ランカーを目指して〜

supercellのゲーム、boombeachの攻略について解説していこうと思います。

彫像の編成についてその2

基本

前回記事:彫像の編成について - boombeach攻略blog〜ランカーを目指して〜

前回は彫像の色ごとの特徴と評価について書きましたが、今回は実際の編成例を挙げて考えてみようと思います。基本的には工房がアップグレード完了した、像10個配置できる状態での話を前提に進めていきます。

 

まず、以下の3種類の像は余程のことがない限りは設置するべきです。

・ユニット攻撃傑作像

・ユニット耐久傑作像

・ガンボートエネルギー傑作像

この3点セットは言うなれば攻撃の三種の神器でしょうか。少なくともこれを切る理由が自分の中には見つかりません。この3種類を切って青像を増やす場合、確かに防衛力はかなり期待できると思いますが、攻撃に関する能力の少なくとも1つ以上が真っさらな状態となるため、今度は自身のpvpで攻略できる島がかなり狭まってしまいます。

青像を増やす前にまず考えてみて欲しいのは、「自分の島を自分が攻めた場合に勝てるかどうか?」ということです。少なくとも像を10個置ける段階まで島を育ててきて尚青像を置くからにはvpを上げたいという気持ちがあるんじゃないかなと思います。vpを上げるためにはvpが2上がるpvpでの勝利は必須です。つまり同格のプレイヤーと戦っても勝てるだけの実力が要求されるということです。それだけの実力がなければ少なくともvpはどこかで頭打ちになってしまうと思います。

従って、

①vpを上げることを目的とする場合

オススメの編成は

ユニット攻撃傑作

ユニット耐久傑作

ガンボート傑作

青像3〜7(増やすなら耐久を多めの方が良い)

青像を7未満にする場合の代替の優先順位は

ガンボート>ユニット耐久>ユニット攻撃力

といったところでしょうか。

青像を減らしてvpを上げる場合、以前の記事でも書きましたが、pvpの攻略のみを目標にするなら、最低限のガンボートさえ確保すればユニット耐久を上げた方が攻略が安定しやすいと思います。

 

②オペレーションを目的とする場合

基本的に攻撃関連の赤・紫像以外は置きません。クリスタル像はお守り程度に置いても良いかもしれませんが基本的に要りません。高難度のオペを積極的に行う場合、インテル確保のためにそれなりのプレイ時間とマップの攻略が要求されます。大抵はその過程でオペに消費する分のパウダーは賄えるはずです。元手として300程度のパウダーを貯めておき、保管庫にクリスタル傑作像を置いておけばよっぽど在庫が尽きることはないんじゃないかなと思います。

後は攻撃・耐久・ガンボートのバランスをどうするかの問題です。

 

突き詰めると耐久像は要りません。世界のトップのタスクは基本的に耐久像なしでプレイしています。ですが、安定を取るなら耐久の傑作を1つだけ置いておくと良いでしょう。複数は必要ありません。耐久像を置く理由としては❶ズーカが確定で地雷を1つ踏めること、❷火炎放射戦車を積極的に戦略に組み込めること❸pvp攻略=インテル稼ぎが安定すること、この3点が挙げられると思います。

❶に関して、ズーカの耐久はLV最大で270、地雷の威力は最大で296です。つまり、地雷の処理が甘かったり、隠れて見えていなかった地雷を踏んだ場合に事故る要素になってしまいます。耐久像が1つあれば確定で地雷を踏めるので処理が甘くても多少強気に攻めることができます。ちなみにオペレーションの場合、同マップ内でも地雷のレベルが異なっていることがあるので気を付けて下さい。耐久像のないプレイヤーがしっかり全ての地雷を確認せずに残った地雷を踏めると思っていたら、実はダメな地雷でズーカが半壊、というのを何度か見てきています。

マップ開拓の進んだ終盤は地雷で事故ということは起こるとは考えにくいので、基本的に削り担当のプレイヤーは耐久像持ちで行うと良いんじゃないかなと思います。

❷に関して、基本的に技術さえあれば殆どの作業はズーカで完結させられるのですが、一部のマップの削り作業では火炎放射戦車で楽に行うことができます。耐久像をブーストすると傑作像だけでも約3万近くHPが上昇するので生存力が大きく上がります。火炎放射戦車を使う最大のメリットはエネルギーさえあればあまり特別なテクニックを必要としないことにあるので、技術的に十分でないプレイヤーに担当してもらうと効率良く攻略できる場合があるでしょう。

❸に関して、これは私の場合普段ヘビズカでpvpを行なっているのですが、やはりズーカが地雷を踏めるかどうかは大きく、またオペと異なりヘビーに10秒以上生存して貰わなければ困る場面もあり、耐久像がないと日常の稼ぎに支障が生じる可能性があります。vp900程度の耐久像なしのアカウントではグレネーディアとたまに戦士を用いてpvpを行なっていますが、しばしば勝てない島が出てくるのでやはり安定感は違うなと感じています。勿論自分の技術の問題もあるとは思いますが…

 

さて、肝心の像のバランスですが、基本的にはガンボートを最優先で考えるべきでしょう。高難度のオペを前提とし、かつほぼ全てのマップに対して仕事が出来るようにする場合、最低でも+200%以上の補正はかけれるようにしておきたい(実際にかけるかは別)です。そのため最低傑作番人合わせて5体の像が必要です。5体でも足りない場合がありますが、現状6体で足りない場面に出会ったことはないです。

ガンボートを増やすことは煙幕やショック・クリッターを余分に使える分、安定性を高めることに繋がる一方、攻撃力を減らすこととイコールになるので、ここのバランスが重要になってきます。攻撃番人1体につきブースト込みで26%火力が上げられるので、編成全体で約14万程度の火力上昇に繋がることを覚えておくと良いと思います。

上に書いてきたことを纏めると、像のバランスとしてオススメなのは

攻撃像4〜5

ガンボート像5〜6

を基本とし、攻撃の番人像を必要に応じて耐久やクリスタルの傑作像に変える感じが良いかなと思います。

高難度のオペに挑む場合、ガンボートが少なくても役に立たないということはありませんが、出来る仕事にかなり差が出てくるので出撃のタイミングには注意が必要です。実際私の25人チームにもエネルギーの少ない人がいますが、自分のできる仕事をきちんと把握して確実に仕事をしてもらえるのでとても助かっています。

 

③島の育成を目的とする場合

基本的にこのゲームは必要な時に島を狩って資源を集め、アップグレードをするというスタイルが1番効率が良いゲームです。必要な時に資源を集め、それを奪われる前に使ってしまいさえすれば、いくら自分の島を攻められようと全く気になりません。そのため、基本的には②で述べたオペレーション特化の編成をベースに、いくつかの番人像を獲得資源量upの像に変えるのがベストだと思います。

 

個人的にはオススメしませんが、攻められるのが嫌な人は資源を全て自給自足でまかなうことを考えましょう。緑と青の像のみ設置し、pvpは基本的に相手せずその他の島だけ必要に応じて倒すというプレイスタイルで進めれば、高レベル低vpとなり他のプレイヤーからの襲撃は一切受けずに定期的にアップグレードが可能になる体勢を整えることが可能になります。

 

像の編成パターンについてはとりあえずこんなところでしょうか。